アーカイブ : ホエールキャプチャ タグ

ヴィクトリアマイル有力馬の戦績(ホエールキャプチャ)

ホエールキャプチャ
父:クロフネ 母:グローバルピース
調教師:田中清隆
馬主:嶋田賢
生産者:千代田牧場
通算成績:12戦4勝【4-3-3-2】

日本ダート馬史上最強と言われるクロフネとサンデーサイレンス産駒のグローバルピースとの間に生まれる。

美浦の嶋田賢厩舎に入厩し、2歳の7月に函館の新馬戦でデビューとなる。

デビュー戦では単勝4番人気で2着という結果。

初勝利を上げたのは折り返しの未勝利戦であった。

未勝利戦を勝利した後に2歳オープンの芙蓉ステークスへと出走して、ここではスタートからハナに立ちそのまま逃げ切り勝ちを収めて2連勝。

続いてファンタジーステークスにて重賞初挑戦をするも3着に敗れる。

そして出走した阪神ジュベナイルフィリーズでは池添謙一騎手と初コンビを組み、単勝4番人気で圧倒的1番人気のレーヴディソールに次ぐ2着であった。

3歳となりクイーンカップへと出走し、ここで重賞初勝利を飾る。

クイーンカップから直行で桜花賞へと進むと、本命視されていたレーヴディソールが故障で回避した事で、単勝1番人気に支持を受ける。

レースでは後方待機策から鋭い末脚を使うものの、1着のマルセリーナを捉える事ができずに2着。

続くオークスでも同じようなレース展開で追い込むものの届かず3着という結果に終わった。

夏場を休養にあて、秋はローズステークスから始動。

ローズステークスでは単勝1番人気に支持をされて、道中2~3番手を追走してそのまま直線抜け出す横綱相撲で完勝し重勝2勝目を上げる。

続いて本番の秋華賞では前走の勝利が評価されて単勝1番人気に押される。

しかしレースではアヴェンチュラに離されての3着という結果であった。

続いて出走したエリザベス女王杯では単勝6番人気で4着という結果であり、このレースが3歳シーズンの最後のレースとなる。

2012年、4歳となり、横山典弘騎手へと乗り変わり中山牝馬ステークスへと出走して単勝2番人気で5着。

ヴィクトリアマイルでの走りが注目される。