ヴィクトリアマイル有力馬の戦績(フミノイマージン)

フミノイマージン
父:マンハッタンカフェ 母:シンコウイマージン
調教師:本田優
馬主:谷二
生産者:シンコーファーム
通算成績:23戦7勝【7-1-3-12】

サンデー系種牡馬のマンハッタンカフェとシンコウイマージンとの間に生まれる。

栗東の本田優厩舎に入厩し2歳の12月の阪神競馬場での新馬戦でデビューしてデビュー戦は3着という結果であった。

初勝利は年が明けて3歳となった2戦目の未勝利戦で上げる。

その後500万下のレースを2戦挟んで、初勝利から3戦目の500万下のレースで単勝12番人気ながら勝利して2勝目を上げる。

続いてオークストライアルのスイートピーステークスに出走するも4着となり、オークスの優先出走権を逃す。

オークスには抽選で出走が叶うが、11着と惨敗する。

夏場は休養に入り、秋は9月の道新スポーツ賞(1000万下)から始動すると、ここでは休み明けながら直線で良い脚を使い3勝目を上げる。

この勝利の後1年近く長期休養に入る。

復帰をしたのは翌年の9月の1000万下のレースで3着とするが、なかなか勝利を上げる事ができずに、4歳シーズンは1000万下を4戦して未勝利で終わる。

5歳となって初めて出走した2月の1000万下のレースで勝利して4勝目を上げ、準オープン入りを果たす。

4勝目の後、準オープン6着を挟んで中山牝馬ステークスへと出走して重賞で2着に入ると、続く福島牝馬ステークスでは単勝9番人気ながら勝利して5勝目を上げると共に初重賞制覇を成し遂げる。

金鯱賞の6着を挟んで、マーメイドステークスに出走して単勝2番人気の支持を受け勝利して、6勝目を重賞制覇で飾る。

夏を休養にあて、秋は府中牝馬ステークスに出走し3着。

続いてエリザベス女王杯にて初G1に挑戦するも、8着に敗れる。

12月の愛知杯に出走して、単勝2番人気で勝利を収めて7勝目として重賞勝利も3勝目となる。

6歳となった2012年は東京新聞杯から始動するも、東京新聞杯では4着。

続いて出走した阪神牝馬ステークスでは3着という結果であった。

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree