ヴィクトリアマイル有力馬の戦績(ドナウブルー)

ドナウブルー
父:ディープインパクト 母:ドナブリーニ
調教師:石坂正
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:10戦4勝【4-0-1-5】

時代の日本競馬生産界を背負って立つディープインパクトとドナブリーニとの間に生を受ける。

栗東の石坂正厩舎に入厩し、2歳10月の京都の新馬戦で福永祐一騎手騎乗で単勝1番人気に支持されてデビュー勝ちを飾る。

2戦目には白菊賞(500万下)に出走し、ここでも危なげなく勝利を収めて2連勝を飾る。

年が明けて3歳となり、シンザン記念に出走すると、後のクラシック三冠馬オルフェーヴル等も出走する中単勝1番人気に支持されるが5着に敗れる。

続いて桜花賞出走を目指してフィリーズレビューへと出走するが、ここでも単勝1番人気に支持されるものの4着に敗れ桜花賞の優先出走権を獲得する事ができなかった。

桜花賞へと出走する事がでず、ニュージーランドトロフィーへと出走するが6着に敗れて休養に入る。

秋は秋華賞への出走を目指してローズステークスへと出走するが、5着に敗れてしまいここでも春同様に秋華賞への優先出走権を獲得する事ができなかった。

続いて自己条件に戻り、堀川特別(1000万下)に出走し3着。

3勝目を上げたのは11月の3歳上1000万下であった。

このレースを後に休養に入り、3歳シーズンを終える。

2012年になり、1月の京都牝馬ステークスへと出走。

ここでは単勝2番人気に支持され、先行策から押し切り1着となり重賞初制覇を飾りオープン入りを果たす。

続いて中山牝馬ステークスへと出走するが、ここでは単勝4番人気で11着に惨敗している。

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree